FC2ブログ
石川遼の英会話力
2009 / 02 / 21 ( Sat )
会見の模様を朝のニュースで見た。

正直、英語の発音とか、まだまだ。

「リピート・アフター・ミー、リョー、リョー、リョー」

では、笑いも取っていたw

でもね、私は逆に感心した。

嫌味でもなんでもなく、

【この程度の】英語で、

【堂々と】英語で 受け答えをしようと思える度胸とサービス精神に感心した。

きっと、彼はこれから、どんどん、英語も伸びるんだと思う。

英語なんて、聞き取りさえできれば、会話は成り立つ。

だって、会話って

「相手の言いたいことを聞いて」初めて成り立つ代物。

石川遼クンは、これができる自信が少しついてるんだと思う。

だから、こういったメディアの前でも、堂々としていられるんだと思う。

自分がいいたいことなんて、極端に言えば、

身振り手振りであっても、伝えられる。

今、一番海外で注目されてるスポーツ選手の石川遼クン

ゴルフを通して日本人の株をあげるように頑張ってね!


↑この石川遼くんが勉強しているという英会話教材はこれ。興味のある方だけ、クリックしてください。



スポンサーサイト



10 : 10 : 24 | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2008 / 11 / 21 ( Fri )
「大麻って、外国では合法でしょう。タバコより身体に悪くないらしいし、日本の法律もおかしい。マスコミも騒ぎすぎ」

アホか。じゃーオランダでもどこでも行って吸って来い。

日本じゃ違法なんだということを、わからんのか。

自分の都合のいい法律や決まりだけを、取捨選択して生活したいなら

無人島でも買って、やりなさい。

偏差値が高い?ここまで、アホなことを平気で言う奴が、たとえ偏差値高かろうと

企業は、きちんと見極めて採用してほしいもんです。

もちろん、公務員ならなおさら。

なんだか、日本人は大丈夫なんだろうか・・・

あと、頭のいい人(成績が良いという意味ね)に、たまに見られるのが

「俺はよいけど、他人は駄目」の図式。

どうして俺はいいのかというと、自分の中では屁理屈だけど、理屈が通ってるつもりなの。

で、反論しても、なんせ、理屈こねるのは得意だから

まわりが呆れて、黙っても

「ほーら、俺が論破してやった」と、自画自賛。

こういうのが、麻薬肯定論とかを

屁理屈つけて、こねまわしてるんだろうか?
08 : 55 : 22 | 初めにお読みください | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカの緊急車両
2008 / 11 / 21 ( Fri )
たしかアメリカでは緊急車両(パトカーや救急車)にぶつけられたりしても、

ぶつけられた方が、悪いってことじゃなかったっけ?

(動く信号機と呼ばれているらしい。信号にぶつかっても文句言えないって話です。)

映画『バックドラフト』で、路上駐車してるベンツを

消化の邪魔だって、ひっくり返して?窓ガラス破って(だったっけ?)壊しても

なんせ、緊急車両のお通り様だから、オッケー!

でも、私は日本もそうすべきだと思ってます。

だって、日本の車って救急車のサイレン聞こえても

平気で走っていくし、帆走したりするし、

どうかしたら、救急車についていく馬鹿もいるし。

パトカーに追いかけられて事故るアホも相変わらずいるし

しかも、必ずそれに対して警察は正当でしたと、声明ださざるを得ないような風潮だし。


緊急車両は治外法権にしますぐらいの、いきおいでやってほしい。
08 : 52 : 56 | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
海賊が横行
2008 / 11 / 21 ( Fri )
海賊が横行してます。

武器を持たなければ戦争は起きない!

極論を言えばそうだろう。でも、きっと無くても作り出すと思う。

武器を持たなければ、戦争は起きないと夢物語を語っている人たちは

こういう事件を聞いて、なんと思うのだろう?

「ほら!武器がある国だから、こういうことが起きるんだ!」とでも言うのかな?

もうインド洋まで来てるってことは・・・海はつながってるし・・・日本人も含まれてる事件も起きてるし・・・

いま、日本のタンカーを守ってくれてるのは、アメリカの護衛艦でしたっけ?

本来なら自国の船を守るために、海上自衛隊が行くべきなのに。

政権抗争の道具に使われているテロ法案もそうだし

日本は安全に対して、鈍感すぎる。

山本七平氏の『日本人とユダヤ人』をまずは、呼んでほしいかも。
08 : 51 : 46 | 事件・事故 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
人種差別の現実
2008 / 11 / 21 ( Fri )
その昔、ロスで不動産関係の仕事をしていたときに目にした地図がある。

非売品のその地図には、ロスの住宅地が

人種分布で色分けがしてあった。

Sさんという現地法人の方によると、

「こういうのは、違法なんだけど、でも、実は売ってるんだよねー」

で、彼の言葉を借りて言えば(当時の話ですよ?)

アメリカでは一般的な、(日本にも最近入ってきた)住宅コミュニティー(スタイル)。

そこに100軒の富裕層の白人が住んでいるとすると

そこに1人~10軒以下のアジア人が越してきても、許容範囲なんだとか。

しかし、10軒(10%)以上になると、白人の流出が始まることもあると。

で、これが、黒人になると5軒(5%)を超えると、どんどん流出していき、

プロパティの価格は下がってくるので、ますます買いやすくなった黒人が入ってきて

で、そのコミュニティは黒人になってしまうと。

ユダヤ人もまた同じだと。

この数字が正しいかどうかは別として、私が知る限りでは

人種の棲み分けができていたように思う。


あ、その時にSさんが言った話に面白いものがあった。

白人は黒人との住む場所のバリケードをつくるために

ロス・ダウンタウンの黒人住宅街と

自分たちが住む白人住宅街の間に韓国人コミュニティを作る許可をあたえたのだと。


棲み分けができているからこそ、日本人が多く住むといえば、

TorranceやGardena、Irvineといった名前があがり、

ベトナム人のリトル・サイゴンがあり

コリア・タウンの周りにはコリアンが集中して・・・


あ!もう一つ。これは別の人から聞いたことだけど

当時、事務所兼倉庫を黒人街に結構近い場所においていた。

ちかくのショッピング・モールに行けば、6~70%は黒人という地区。

朝のドーナツ屋さんによると、必ずといっていいほど

黒人のおじいちゃんたちが、たむろしている場所。

朝のドーナツを買いに寄ると、そのおじさん、おじいちゃんたちは

とても、気さくに、陽気に、親切に、話しかけてくれるし

時々一緒につれていってた、長女と次女(まだ、三女は生まれてなかった)を

あやしてくれたりと、本当に優しかった。

そう、まるで映画に出てくる「人の良い黒人爺さん、アンクル・トム」みたいに。

これは、黒人のおばあさんにも言えることではあったけど、

おばあさんは、おじいさんに比べると、あまり外では見なかったかも。

しかし逆に、若い黒人男性は正直怖かった。

いや、若い黒人女性も結構怖い顔の人、

なんだか怒ってるような表情をした人が多かったように感じてた。

と、そんな話をしたとき、その人が

「あーだって、黒人でおじいさんとして

街で見る人は

いい人しかいないから、当然ですよ(笑)」



ん?どういう意味?と聞くと

(以下数字はうろ覚えなので、ご容赦)

「黒人はまだまだ貧しい階層が多いでしょ?で、犯罪率も高い。

10代のときに、犯罪を犯したり巻き込まれる人が半分はいて、

そのうち半分は、殺されて

で、刑務所に送られる人の中で成人していたら、

長期間の懲役の人も多い。

たとえ出てきても再犯率が高いから、また刑務所にはいる。

再犯だから、刑期は長い。最近だと三振法で、終身刑も増えているし。

で、60代以上で社会に残っているのは、善人だけっていう図式です。」


あーなるほどっ!(って、納得した私は怒られる?w)

で、その方曰く

「ただし、強盗・殺人といった一般的な犯罪は、黒人の占める割合が非常に高いんですけど

いわゆる『猟奇的犯罪』となると、これは白人の領域です。」

某テレビ番組でアメリカの刑務所を取材していたのがあったけど、

この最後の台詞はまったく同じ事を

そこの刑務所所長が言ってましたね。

黒人も白人も、メッキーも、コリアンもチャイニーズも、ベトナミーズも、

もちろん日本人も

悪い人は悪いし、いい人はいい人なのは、わかってるけど

ついつい色眼鏡で見てしまいそうになる自分もいます。

だから逆に

「だからって、おじいさんの黒人だからって、いい人だとは思っちゃだめですよ?」

とも、釘を刺されましたけどねw
08 : 38 : 45 | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残留農薬米?
2008 / 09 / 19 ( Fri )
毎日の買い物で、うちがチェックすることは

◎卵を使っているかどうか(まぁちゃんが、卵白アレルギー)

◎中国産かどうか(一度、キムチを作ってる現場の映像を見てから、中国の加工食品は絶対に食べない・食べさせないと誓った)

でも、その表示がめちゃくちゃだったら、もう農家になるしかない・・・(畜産までは、きっと無理だから、菜食主義に強制的になりますな・・・)

今日のニュースとか見ると、知らずに混入した毒米でw コンビニの赤飯おにぎりとかを作ってたとか・・・

赤飯おにぎり、大好きなのにっ!(怒)

つか、私が怒ってるのは、事故米が混入ってことよりも、

しらないうちに、中国からの毒米もはいってたことに、むかっ。

こんなに気をつけて買い物してるのにっ!

日本の農薬残留米?とか、なんか、どうかすれば、残留農薬除けそうな気もするんだけど、そういう技術はないものなのか・・・??



そういや、菜食主義と言えば。

昔、うちの会社にちょっとだけ、働いてたデボラっていう白人女性が菜食主義だった。

でもって、仲良かったパメラっていうのもそう。(同じく白人)

で、彼女たちの共通点は・・・






お尻が超でかい!



いや、半端なくでかかった。

二人とも、顔も上半身も普通なのに


お尻だけ、超巨大・・・


特にパメラは、私の(私もデカイ尻を持つ女ですが・・・照)


3倍はあった!(マジで)


彼女たちから、時々、菜食主義の素晴らしさをとうとうと、説かれることがあったが

正直、その素晴らしさよりも、


これ以上、お尻が大きくなることの恐怖が大きかったw
09 : 16 : 27 | 事件・事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
娘のブログからー電話会話編
2008 / 09 / 18 ( Thu )
アメリカに戻った娘は、風邪で学校をお休みしたらしい。

でもって、家で寝てる時に、友達から電話(以下、娘のブログより)



今日は風邪で学校休んで家でゆっくり寝てました

少しは元気が戻りました

宿題嫌だな~

休んだ分増えてるぅ~~~~~



そういえば今日クリスから電話ありました

会話↓  クリスのところは全部訳してこんな感じ



私:『もっこりもこみち?』    
 *妹からパクって電話に出てます(笑

クリス:『あ!ごめんなさい違う人みたい』

私:『クリス?』

クリス:『ジュリアン? やっぱあってた』

私:『何だよ~ 寝てたのに』

クリス:『学校来いよ』

私:『は? 風邪だから休んでるの』

クリス:『じゃあマイスリーとアブデラーとテイギュンで遊びに行っていい?』

私:『ふざけるな、病人です』

クリス:『大丈夫、手を洗うから』

私:『誘ってもいないし』

クリス:『マイスリーがいいよといってた~』

(マイスリー誰が人呼んでいいよっと言ったぁ~!!!!!)

私:『マイスリーが用事があってこれない』

クリス:『あ~ そうかぁ~ じゃあアブデラーとテイギュンっと行っていい?』

私:『アブデラーはマイスリーっと一緒にお出かけしてるの』

クリス:『じゃあ俺とテイギュンで行く』

私の頭の中であせってます *こないで~!

私:『テイギュンはバンドの練習あるからこれない』

クリス:『俺一人で行くよ』

私:『マイスリーいないと行き方わかんないじゃん』

クリス:『マイスリーから住所教えてもらったから自分の携帯のGPSでいける』

(マイスリーいつの間に住所覚えてるの~?!)

私:『来なくていいです』

クリス:『でもジュリアンの宿題もってるよ』

(あ~~~~~ 先生辞めてください!必要だけど来て欲しくない)

私:『もう貰ってるの だからいいの、来なくて』

クリス:『・・・・・何か欲しい食べ物ある?』

(そんな食い物で・・・馬鹿じゃないの!!!)

私:『無いから~ 帰っていいよ』

クリス:『チキンヌードルスープは?風邪引いた時にいつも飲んでるよ』

私:『だからおなかすいてない!!!!』

クリス:『もしかして・・・・生理?』

(バカァァァァァ~~~~~~~~~ 風邪っと言ったろうが~)

私:『違うから!!!!! 頭痛いから切るね!』

クリス:『まってぇ~』

私:『何?!』

クリス:『お大事に!』

プツッ!ツーツーツー


(私から切りたかったのに~!)



こんなブログ書けるくらいに、回復したってことで、安心しました。

でも、確かクリスって・・・男・・・しかも、ゲイ・・・w
09 : 47 : 30 | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残酷版、三匹の子豚
2008 / 09 / 16 ( Tue )
結構、グリム童話集って残酷な話が多いと聞いていたけど、

今日、ふと見た童話

「THE THREE LITTLE PIGS(三匹の子豚)」も、私が知ってるのとはちょっと違う。

わらと、木で作った子豚は


・・・And he ate up the first little pig.

・・・And he ate up the second little pig.




狼にさくっと、食べられてました・・・・




でも、その狼も


The little pig 
quickly put on the cover again, 

boiled up the wolf, and ate him for supper.



(子豚は直ぐにまたフタをして、狼を煮て夕食として食べてしまいました)




恐るべし、食物連鎖。(違うかw)

14 : 01 : 26 | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ